京都×学生×きもの=最高の夏!

せっかく京都の大学に来たのだから、何か京都らしいこと、京都しかできないことがしたい!と思って、友人の入っていた学生団体に加入した1年生の冬。その友人が魅力的で、彼女からたくさん学びたいと思ったことも加入の決め手でした。

 

その学生団体は、若い人にもっと多く『きものを着る』という選択肢を提供したいという理念の元に活動していました。マイナー武道、なぎなたに10年間汗を流した私は、伝統文化の継承という理念にとても共感していました。また、留学生と一緒に寮に住んでいた経験から、日本の伝統文化を若者の手で誇りを持って担うことの重要性も感じていました。

 

活動内容は大学生モデルを集めてきものファッションショーをしたり、大学生対象にきものの着方を教える講座を開いたりしました。京都の和装産業の方々や京都市の方々と提携したり、お寺に頼み込んで会場を提供していただいたりしました。私は企画会議の中では、ぶつかり合うことをおそれたり、アイディアはあっても論理的に説明できない自分が恥ずかしくて、中々意見を言えませんでした。

 

その代わりにどこで団体に貢献したかというと、外部とのマメな連絡を取ることと、デザインスキルを用いての広報でした。仲間が議論して組み立てた企画を実現させる過程でのプレイヤーとしては、誰よりも率先して取り組みました。仲間と駆け抜け、ファッションショーや着付け塾を成功させたことは私の一生の宝です。乗っかる形で有りながらも、自分が『やってみたい』と思ったことを全力でできたことは代え難い体験でした。

 

最近エステにはまっています

数年前になりますが、リンパドレナージュの痩身エステに通っていたことがあります。費用は三カ月でだいたい30万円くらいです。高いですよね。

 

週に一回のペースで通っていたので12回コースだったと記憶してます。最初にサウナに10分くらい入り、ジェルをつけて背中と首をマッサージ。それからエステのベッドでラップのようなものに巻かれて20分くらい置かれました。

 

その時点ですでに汗だくになります。身体が温まったところで足裏から順番にリンパマッサージしてもらいます。何でも心臓から遠い部分からマッサージするほうが効果があると聞きました。

 

小さなエステサロンだったのでエスティシャンの技術は一定していて、安心して任せることができました。足裏や足のリンパマッサージはとにかくグリグリして痛かったです。お腹などはとても気持ち良かったのですが。

 

私はお腹の筋肉が冷たいので身体が冷えやすいとその時指摘されました。それは今も気をつけてなるべく冷やさないようにしています。リンパドレナージュを初めて3.4回目くらいから効果が出始めました。

 

まずグリグリと痛かったところが少なくなり、筋肉が柔らかくなって汗が良く出るようになりました。その頃から48キロあった体重が落ち始め、何よりお腹にくびれが出てきたことに感動しました。

 

6回目を終える頃には体脂肪も落ち始め、体型が少しずつ変わってきました。特に足はむくみが取れたのか靴のサイズまで小さくなってしまいビックリです。今でも靴サイズはその時のまま変わってません。体型も維持しています。良い体験だったと思います。マッサージが痛いのだけがちょっとだけ難ですが。

 

あと値段ですね。正直お財布が持ちません。そこで最近目をつけているのが口コミが良いジェイエステ。ここありえないほど安いんですよね。

更新履歴