戻りたいあの頃

今年40歳になりますが、振り返ってみるとやはり大学時代が人生においてもっとも楽しかったですね。今は結婚して二人の子供にも恵まれて幸せなんですが、やっぱり色々な重責があって心から生活を楽しめているわけではありません。大学時代は本当に気楽でした。

 

大学に入って1年の終わりくらいから本格的にアルバイトをするようになって、そこから生活が一変しました。

 

配属された先が運よく女性が多い部門だったんですね。そこで女の子たちと仲良くなって色々なところに遊びにいくようになって、食事に行く場所もファッションも変わって、女性にもてるようになりました。

 

大学の友達も交えて色々なところに遊びに行って、恋愛に発展して深い付き合いになったり、ふられたり、色々な経験をする事ができました。

 

何でも心の底から楽しめたんですね。

 

あんなに気楽でいいはずがありませんね。さんざん遊んで殆ど勉強をしなかった為に今苦しんでいます。

 

もう少し脳を鍛える事にも精を出しておけば良かったかなという気持ちもないわけではありません。でもあの時の経験がなく、勉強に走っていたら今の幸せはないような気がします。あの底抜けに楽しい4年間があったから今の自分が形成されたのです。

 

大学時代に遊んでいなかったら、社会人になってから失われた青春を取り戻そうとして結婚してから風俗に走ったり、浮気をしたりという事になっていたかも知れません。

 

大学時代に遊んでおいて良かったと本当にそう思えています。戻れるならもう一度戻ってみたい。